天空の分水嶺を歩く ぐんま県境稜線トレイル天空の分水嶺を歩く ぐんま県境稜線トレイル

ぐんま県境稜線トレイルについて

眼下に雄大な景色を望みながら歩く稜線トレイルの魅力は、何といっても見晴らしの良さ。さえぎるものがないため、遠くの山々まで見渡すことができ、気持ちよさは格別です。

群馬県と新潟県・長野県の県境に位置する稜線は100km に渡ってつながっており、国内最長の稜線ロングトレイルを楽しむことができます。

また、周囲には日本百名山、二百名山に数えられる山々があり、稜線トレイルと周辺の山々の登山道を組み合わせることで、初心者から上級者まで幅広い年齢・レベルで山歩きを楽しめます。

山麓の地域にはトレイル前後に楽しみたい温泉や歴史遺産や観光スポットも数多くありますので、登山と同時に観光も楽しんでみませんか?

 

※ロングトレイルとは
登山道やハイキング道、林道、古道などをつなぎ合わせた距離の長い自然歩道。宿泊しながら、土地の自然や文化、地域の人とのふれあいを楽しむものです。欧米では盛んで、農村部を網の目のように走る公共のフットパス(英国)や、ユネスコの世界遺産・サンティアゴ巡礼の道(スペイン)、全長約3,500km のアパラチアン・トレイル(米国)が知られています。

ページの先頭へ移動